営業局

製作物を作る費用、企画を運営する費用など、ICU祭を開くために必要な運営資金を集める局。広告収入のための契約を結ぶなどといった地域の方々との交流が多い。その他にも協賛やグッズ製作などといった仕事もする。ICU祭当日は、グッズ販売を行ったり食品販売なども行うことで祭の運営に関わる。また、財源確保のための方法を模索し続けている。財源確保にかかわるアイディアは常に求めている。

営業局の魅力

営業局について知っておいてほしいこと

役職

年間スケジュール

現役委員インタビュー

View this post on Instagram

🌸現役委員インタビュー #3 営業局🌸 新入生のみなさまにICU祭実行委員会の様子を伝えるべく、6日連続で各局に所属する現役委員のインタビューを投稿しています。 第三弾は営業局!菊田愛佳さんにお話を聞いてみました。 ———- ──昨年はどういうお仕事をしていましたか? 菊田愛佳:昨年度は、ICU祭当日に配布する地域冊子の情報を集めたり、実際にお店に伺って広告掲載のお願いなどを行ってました。それに加えて、当日グッズ販売テントで販売する飲み物の手配などを行ってました。 ──委員会での仕事を通じて得たもの、よかったことはありましたか? 菊田愛佳:入ってよかった!と思うことは、実際に会社や飲食店などを回る中でよりこの地域を知ることができたということと、オフィシャルな言葉遣い、文面の書き方などここから先で使えるような技術を得たところが成長できたと思います。 ──逆にどういう部分が大変でしたか?どうやって乗り越えましたか? 菊田愛佳:大変だったことは、ない!と言いたいところですがありました。忙しい時間を縫ってお店に実際に回る時間を作るのは大変でした。でも、局内でサポートしあったり効率よく回れるように自分でスケジュールを工夫したりしてました。あとは、自分にこっそりご褒美を設けて、それをモチベーションにしてました! ──2020年度はどういう仕事をする予定ですか? 菊田愛佳:今年は地域冊子の責任者として、より地域とICUを繋げることができるように活動していきます。前年度の活動を経て、地域冊子の改善したい点、その強みを知っています。前年度の得た自分の経験を十二分に生かせるように、協力していきたいです! ──新入生にメッセージをお願いします。 菊田愛佳:新入生の皆さん!私は高校時代までは全く学園祭など興味もなくまさか自分がICU祭に入るとは思いもしませんでした。でも、せっかくならば過去の自分なら決して選ばない選択肢を選んでみるのもいいのかもと思い、祭に入りました。大学という新しい場所だからこそ、自分の思いもよらない自分に気がつく機会だと思います。 何か1つの目標、目的に向かって一年頑張ることは本当に楽しいです!!是非一緒に祭りを盛り上げていきましょう!! ———- 菊田愛佳さんの所属する営業局について詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。 ICU祭実行委員会に興味が湧いた方は是非お気軽にメールアドレスまたはLINE@までご連絡ください。 Email:deans2020@icu-fes.com LINE@:@685xebkx 明日の投稿もお楽しみに! #ICUfes #ICU24 #春からICU

A post shared by ICU Festival (@icu_fes) on

こんな新委員が欲しい!

募集人数

9~12人