製作局

製作局は、祭りの中でいろいろなものづくりをしている局です。ワークショップ(わーしょ)で装飾物を祭りに向けて日々作ります!祭りが近づいてくると製作局の仲間たちが、とんかちやのこぎりやペンキを使って作業していて、わーしょはとても賑やかです!授業が終わってから、わーしょで作業してると勉強の気分転換にもなるし、自分のペースで作業できるから、とても楽しいよ!

製作局の作る製作物には三種類あります!

  1. 祭の運営を円滑にするための製作物(テント看板、ゴミ看板など)
  2. 祭そのものの広報する製作物(カウントダウンカーテン(CDC)、正門看板、各門看板など)
  3. 当日の祭の雰囲気を作る製作物(祭装飾、ステージ看板、地域看板など)

 局員は1人につき1~3個の担当物をもちつつ、この三種類の製作物を4月~10月を通して作っています。デザインができなくても、他局に任せるものもあるので、安心してください。設計して、自分たちで作り上げた時の達成感は気持ちいよ!

製作局の魅力

製作局について知っておいてほしいこと

役職

年間スケジュール

現役委員インタビュー

View this post on Instagram

🌸現役委員インタビュー #1 製作局🌸 新入生のみなさまにICU祭実行委員会の様子を伝えるべく、今日から6日連続で各局に所属する現役委員のインタビューを投稿していきます。 第一弾は製作局!鈴木このみさん(以下、ローラさん)にお話を聞いてみました。 ———- ──昨年はどういうお仕事をしていましたか? ローラ:メインステージの背景となる看板と来場者さんをお出迎えする門を作りました!どちらも3mを超える大きなもので、祭を華やかに装飾するお仕事でした〜 ──委員会での仕事を通じて得たもの、よかったことはありましたか? ローラ:製作局は木工作業、色塗り、設計図も作ったりするので、あなたのクリエイティブな一面が輝きます!DIYができるようになります! 大きなものを作るので、他局の人と協力したりして友達が増えて達成感も大きいですね。 ──逆にどういう部分が大変でしたか?どうやって乗り越えましたか? ローラ:秋はELAのエッセイ、製作物のdue(*1)どっちにも追われてとても忙しかったです。英語に疲れたらわーしょ(*2)で好きな音楽をかけてお菓子食べながら色塗り!って感じに気分転換してました〜 最後は、色塗りとか手伝ってくださる方々にたくさん助けられました!! *1:ICUでdueとよく言いますが、締切のこと。 *2:わーしょはワークショップの略、作業場所のこと ──2020年度はどういう仕事をする予定ですか? ローラ:昨年に引き続きステージの看板を作ります!それに加えて、ステージ設営業者さんとミーティングをしたり、企画調整局の人と一緒にステージに関するお仕事をします。前年の経験を活かしてスムーズなステージ設営ができるといいですね。 ──新入生にメッセージをお願いします。 ローラ:ICU祭実行委員会は大変だけど、きっとその分『やりがい』があります。楽しいこと、苦しいこと、一緒に乗り越えた仲間と経験はあなたの成長の糧となるでしょう! ———- ローラさんの所属する製作局について詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。 ICU祭実行委員会に興味が湧いた方は是非お気軽にメールアドレスまたはLINE@までご連絡ください。 Email:deans2020@icu-fes.com LINE@:@685xebkx 明日の投稿もお楽しみに! #ICUfes #ICU24 #春からICU

A post shared by ICU Festival (@icu_fes) on

こんな子募集!

募集人数

10~15人