本部企画局

「ICU祭のオフィシャルな企画」を作る局です。大人から子どもまで、幅広い年代の来場者に喜んでもらえる企画を考えていきます。
2020年度の本部企画局は…

以上のような枠組みで企画づくりを行なっていきます

ICU祭に来てくれたみなさん、協力してくれた団体さんに喜んでもらえるような企画をたくさんの人と協力しながら作り上げていきます!!

本部企画局の魅力

本部企画局について知っておいてほしいこと

役職

年間スケジュール

現役委員インタビュー

View this post on Instagram

🌸現役委員インタビュー #4 本部企画局🌸 新入生のみなさまにICU祭実行委員会の様子を伝えるべく、6日連続で各局に所属する現役委員のインタビューを投稿しています。 第四弾は本部企画局!板倉未祐香さんにお話を聞いてみました。 ———- ──昨年はどういうお仕事をしていましたか? 板倉未祐香:ICU祭ラストを飾るステージイベントの「グランドフィナーレ」と、ICU祭におけるナンバーワンの食べものやショーなどを決める「ICU-1グランプリ」を担当していました! ──委員会での仕事を通じて得たもの、よかったことはありましたか? 板倉未祐香:一番は、仲間がたくさんできたことです。正直、やっていて大変だなと思うこともあります。でも必ず助けてくれる仲間がいます。そして頑張ったからこそ当日はすごく楽しいし、自分の企画が成功した時や来場者のみなさんに喜んでもらえた時にはすごく達成感があります。そしてその「達成感」こそが本部企画局の魅力だと思います! ──逆にどういう部分が大変でしたか?どうやって乗り越えましたか? 板倉未祐香:入ってすぐは何も分からないので、二年目以上の方々や一年目の仲間に質問したりお願いしたり、時には迷惑をかけたり、たくさん頼りました。でもそれを通じて、いろんな人と仲良くなりました。 やることの内容が難しかったり量が多かったりによる大変さは、個人のさじ加減で変わります。大変だと思ったら軽くすることもできるし、もっとやりたいことを見つけたら思いっきり頑張ってほしいです!! ──2020年度はどういう仕事をする予定ですか? 板倉未祐香:今年はステージと全体演出統括の企画を担当する新委員のみんなのサポーター(「ディレク」と言われています!)をします!去年自分が担当して学んだことを元にアドバイスします!なんでも頼ってください〜! (編注:ディレクと通称されるディレクターの役割は局によって異なりますが、本部企画局では一年生が中心となって企画を作っていくので、二年生は経験を活かしたサポート役としての役割を担っています) ──新入生にメッセージをお願いします。 板倉未祐香:まずは、新入生のみんな、入学おめでとうございます! ICU入って何かしたい!けど何をしよう?って人、たくさんいると思います。そんな人はきっとこの委員会でやりたいことが見つかると思います!やりたいことがあるって人も、それをカタチにするお手伝いをさせてください! これを読んでくれた新入生のみなさん、(もちろん新入生じゃなくても!)気楽にお話しに来てください〜いつでもお待ちしております〜!! ———- 板倉未祐香さんの所属する本部企画局について詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。 ICU祭実行委員会に興味が湧いた方は是非お気軽にメールアドレスまたはLINE@までご連絡ください。 Email:deans2020@icu-fes.com LINE@:@685xebkx 明日の投稿もお楽しみに! #ICUfes #ICU24 #春からICU

A post shared by ICU Festival (@icu_fes) on

こんな新委員が欲しい!

募集人数

13人(8~15人)