企画調整局

ICU祭に参加するすべての企画調整、つまりサポートする局です!

屋外テント企画、本館・その他企画、ステージ・パフォーマンス企画などICU祭を盛り上げる各団体に備品や機材を貸したり、企画場所やパフォーマンス時間などを決めたりするのが主な仕事です。

企画調整局の魅力

企画調整局について知っておいてほしいこと

役職

年間スケジュール

現役委員インタビュー

View this post on Instagram

🌸現役委員インタビュー #6 企画調整局🌸 新入生のみなさまにICU祭実行委員会の様子を伝えるべく、6日連続で各局に所属する現役委員のインタビューを投稿してきました。 最終弾は企画調整局!平井穂乃香さん(以下、ほのかさん)にお話を聞いてみました。 ———- ──昨年はどういうお仕事をしていましたか? ほのか:企画調整局という、ICU祭に出る団体さんのサポートをしていく局の中で、PA補佐という役職についていました。ステージ部門の団体さんとミーティングなどを重ね準備をした上で、当日はステージで音響を行っていました。企画調整局は本テ系(*)・ステージ系に分かれていますが、一貫しているのはICU祭を裏から支える、いわば「縁の下の力持ち」のような存在である点です。 *:本館・テントをまとめた略称 ──委員会での仕事を通じて得たもの、よかったことはありましたか? ほのか:もちろん祭当日までの準備は大変ですが、本番での団体さんがパフォーマンスしている様子やお客さんの様子を見ていると、努力してきたことがやっと実るときの喜びを感じました。また、外部との連絡、交渉を通してメール対応など、社会人として必要なスキルも磨くことができた他、ICUにおけるサークルに詳しくなったというのが得たことであるかと思います。 ──逆にどういう部分が大変でしたか?どうやって乗り越えましたか? ほのか:演劇系のサークルとの兼部をしているため、スケジュール管理に不安がありましたが、それぞれのサークルにおける繁忙期を把握し、祭と重ならないようにすることによって上手く回すことができました。また、祭に関する知識が全くない状態で入ったことが不安でしたが、何度も用語を聞くうちに慣れてきたので、そこは杞憂に過ぎませんでした。 ──2020年度はどういう仕事をする予定ですか? ほのか:2020年度はステージ・パフォーマンス企画担当という役職についています。昨年度は音響、当日の中心のサポートだったのに対して今年は一年を通しての全般的な運営面のサポートを担っています。2019年度の祭の経験を元に、今年も団体さん、お客さん共に満足のいくステージ企画を作っていくつもりです。 ──新入生にメッセージをお願いします。 ほのか:ICU祭に入ろうか迷っているのだったら、ぜひ説明会などでどのような仕事があるのか知ってもらいたいです。他のサークルでは味わうことのできない充実感があると思いますので、ぜひ一緒にお仕事をできるのを楽しみにしています! ———- ほのかさんの所属する企画調整局について詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。 ICU祭実行委員会に興味が湧いた方は是非お気軽にメールアドレスまたはLINE@までご連絡ください。 Email:deans2020@icu-fes.com LINE@:@685xebkx 本文で言及のある説明会をはじめとする新歓行事は、現在の社会情勢のため日程が未定となっております。決定でき次第、公式twitterを中心に告知をさせていただきます。少しでも興味のある方はSNSのフォローやLINE@の登録をした上でどうか続報をお待ち下さい。 6日間にわたるインタビューで委員の様子が伝わっていれば、そして新入生のみなさまがご自分が委員になった姿をイメージする助けになっていたら幸いです。お付き合いありがとうございました! #ICUfes #ICU24 #春からICU

A post shared by ICU Festival (@icu_fes) on

こんな新委員が欲しい!

募集人数

8~10+人